日本国国旗

在カーボヴェルデ日本国大使館

Embaixada da Japao na Cabo-Verde

文字サイズ変更

平成28年度食糧援助に関する書簡の交換

  • 北原大使(左)とロペス・タバレス外務・共同体大臣(右)
10月24日,カーボヴェルデ外務・共同体省において,北原駐セネガル日本国大使とロペス・タバレス外務・共同体大臣の間で平成28年度対カーボヴェルデ無償資金協力「食糧援助」(1.8億円)に関する書簡の交換が行われました。
島嶼国であるカーボヴェルデの気候は1年を通じて乾燥しており,また,耕作地が全国土面積の約10%に限られています。したがって,同国で唯一生産される穀物であるトウモロコシは国内穀物消費量の8.2%を占めるのみで,その他コメ等の穀物は援助及び輸入に依存しています。このような背景の下,カーボヴェルデの食糧安全保障を改善するため,同国政府の要請に基づき,コメの供給を通じた食糧援助を実施するものです。